電話 電話 メール相談室

院長紹介

山崎 貫太

院長山崎 貫太kanta yamazaki1970年3月10日生まれ

世界各国で医師として働いていた父・山崎晴義(世界仰天ニュースに出演しました)が当時英国統治領だったアフリカのザンビアに移り住んでいた時に、そこで生まれ幼少時代を生き物で溢れている大自然の中で過ごしました。その後日本に帰国し、父や母・山崎由美子(母の実家は親子丼で有名な玉ひでです)の生まれ故郷である日本橋の人形町で数年を過ごした後、神奈川県の川崎市に移りました。 高校時代は、桐光学園高等学校(わが長女・長男も通学中)で厳しくも愛情あふれる教育を受けました。人の医学の道に進むべきか、自分の好きなものを学ぶ道へと進むべきかと葛藤を繰り返す中、とりわけ金魚などの魚類に魅せられた時期があり、魚についてもっと学ぼうと決意し、結果的に日本大学水産学部に入学することに。水産学部時代には、魚類学について学ぶ傍ら生き物の飼育にも拍車がかかり、ついには世間から「動物マニア」と言われるようにまでなりました。 その頃、よく通っていたエキゾチックアニマルの専門店「ラブバード」の社長に誘われ、大学卒業後にはそのままそこに就職。さらに、どっぷりと動物業界に身を投じていましたが、心の中に何か行き詰まりのようなもの、矛盾をこの業界に感じつつ獣医への不信感を持っていたことなどからも、もっと深く生き物についてさらに学ぼうと同大学の獣医学科への編入をすることに。 獣医学部在籍中は、エキゾチックアニマルに詳しい色々な病院に実習に行くなどして動物の医療を、そして動物の飼育方法、動物と人との関係になどについて、日々勉強に明け暮れるなんとも楽しい毎日を過ごしました。獣医師免許取得後は、ペット獣医学が最も進んでいる犬猫のみを専門としている、診療に定評がありかつ実績や技術もある、麻生区五月台のパーシモン動物病院に勤務。そこで臨床の技術を学んだ後、町田市・鶴川にエキゾチックアニマルの専門病院である、K’s Pet Clinicを開設するに至りました。 多数の生き物たちと共に暮らしてきた経験をもとに、人と生き物の「幸せな関係」を守るべく日々奮闘しています。